投資マンションを高額で売却|賢い資産運用術

紙幣を数える人

交渉することが大事です

男女

内容を理解しよう

中古ワンルームマンションや1棟アパート等を購入して不動産投資をしている人が増えています。これらの収益物件を保有して、まず考えるべきことが管理です。管理は不動産会社が行うもの、と考えている不動産投資家は多いですが、必ずしも不動産会社に委託しなければならないものではありません。自主管理をしても構いませんし、賃借人が滞納したときの家賃を立て替えて払ってくれるような管理委託契約を結ぶこともできます。その中でも、ここ数年で注目されている契約形態がサブリースです。サブリースとは、サブリース会社による一括借り上げと転貸がセットになってようなものです。借主はサブリース会社なので、サブリースの対象となった収益物件が空室になっても、家賃を保証してくれます。不動産投資をしている大家にとってサブリースのメリットの1つが、この家賃保証です。但し、どのサブリース会社も同様の家賃保証をしてくれるわけではありません。サブリース会社と契約をする際には、次の2つのことを確認しましょう。1つは家賃保証額は想定家賃に対してどれくらいの割合であるのか、ということです。大家としてはできるだけ高い割合で契約できるように交渉しましょう。2つ目は更新時における家賃保証額の改定です。家賃保証額は当初額がずっと保証されるわけではありません。空室期間や家賃の減額によって変わってきます。その際、減額幅の上限はしっかりと詰めておきましょう。この2点をはっきりさせることで、サブリースのメリットを享受できます。